天井

美術室

スピーカー
美術 みうらじゅん先生 要するにデフォルメなんですよね。 要するにデフォルメなんですよね。
美術 みうらじゅん先生

俺も純慶でこれからやっていきますね。 俺も純慶でこれからやっていきますね。

運慶はリアリズムだと言われますが、東大寺南大門の仁王像の体を見ると、腰のひねりは不自然だし、筋肉はプロテイン何本飲んでるんですかっていうくらいボコボコだし、要するにそこはデフォルメなんですよね。だから、運慶のリアリズムは人間の身体を超えているということです。

重源上人ちょうげんしょうにんは目がかなりくぼんで表現されていますが、御本人はこれを見た時うれしかったのでしょうか。とても似ていたんだと思いますが、似すぎているのも本人にとって逆にどうなのかと(笑)。彫刻家のリアリズムがあだとなることもあるんじゃないでしょうか。

純慶LESSON
国宝 重源上人坐像 鎌倉時代・13世紀
奈良・東大寺蔵 展示期間:10月7日〜11月26日
写真:奈良国立博物館(佐々木香輔)

似顔絵は、欠点も取り入れないと似ませんね。 似顔絵は、欠点も取り入れないと似ませんね。

八大童子はちだいどうじもきっとモデルとなるそっくりな子がいたんでしょうね。きりっとした顔の制多伽せいたかは、ジャニーズが入っていて格好いいですね。矜羯羅こんがらは見る角度によっては、ちょっとぶーちゃんにも見えますね。モデルはきっと高貴な人の子どもで、栄養状態がとても良かったんだろうと想像します。

純慶LESSON
国宝 八大童子立像のうち、制多伽童子 矜羯羅童子 鎌倉時代・建久8年(1197)頃
和歌山・金剛峯寺蔵
写真:高野山霊宝館

似顔絵は当然、欠点も取り入れないと似ませんね。かなりデフォルメすると面白くなっちゃうので、それをやるとクライアントはどうでしょう?
運慶仏の少なさは、クライアント問題なのでは、というのが私の勝手な推測なんです(笑)。クライアントの要求以上をやっちゃって、仏としてどうなの、と。クライアントから作り直しや没を命じられた可能性もあったんじゃないか?クライアント泣かせの運慶に対して、快慶はクライアントの言う通りに作ったので作品が多く残っているんじゃないでしょうか?なんてね。

クライアント問題は、女子うけするかどうかにも関係します。興福寺の阿修羅像あしゅらぞうは光明皇后プロデュースでしたね。やはり、ふわっとしていたり、おさなかったりする仏像は女性クライアントが多いです。この毘沙門びしゃもんは当然、男性のクライアントでしょう。武将じゃないでしょうかね?(→*北条時政の発願でした)

純慶LESSON
国宝 毘沙門天立像 鎌倉時代・文治2年(1186) 静岡・願成就院蔵

八大童子は本来、不動明王像ふどうみょうおうぞうを中央に配列が決められていますが、後補の2体がお留守番で出展されないとなると、6人で新たなチーム名をつけてはどうでしょう?スター性を見て誰にセンターをとらせるか決めたいところです。

無著像と世親像はいつ見ても大きいですね。 無著像と世親像はいつ見ても大きいですね。

無著像むじゃくぞう世親像せしんぞうはいつ見ても大きいですね。小学生の頃に見たときも、今見ても大きくて驚きます。博物館で御覧になってもきっと大きいと思います。インドの僧なので、異国人だからと背丈を大きくデフォルメしたのかもしれませんね。無著が手にしている袱紗ふくさの中には何が入っているのでしょうね。経文きょうもんか、仏舎利ぶっしゃりか。当時のものか、後から加えられたのか。今は色彩が地味ですが、作られた当時は派手だったかもしれない。特に衣がね。今の形が正しいとは限らないというのが仏像のおもしろさの一つですね。

純慶LESSON
国宝 無著菩薩立像・世親菩薩立像 鎌倉時代・建暦2年(1212)頃
奈良・興福寺蔵

本来のお歳は分かりませんが、無著さんと世親さんを「じいじ」として見て、そして6人の童子を「孫」として見る、というのはどうでしょうか?グッと親近感が湧いてきませんか?仏教を伝えてきたじいじと、仏教の孫たち。6つ子のなかにはやんちゃそうなのもいますね。想像力をかきたてられたら、是非、本物を拝観して下さい。

じいじと孫たち
今日の一枚 画像 今日の一枚
教壇

Our Classes運慶学園の授業

美術

全3回

みうらじゅん先生

サムネみうら

すごいぞ、運慶

『見仏記』でおなじみのみうらじゅんさんが縦横無尽に運慶について語る美術講座。

歴史

浅見 龍介先生

和田 彩花さん

サムネ 和田

鎌倉彫刻史と運慶

学園生徒・和田彩花さんが東京国立博物館研究員の浅見龍介氏に話を聞きます。

宗教

興福寺貫首

篠原 ともえさん

サムネ 篠原 貫首

僧侶・運慶

学園生徒・篠原ともえさんが多川俊映興福寺貫首に話を聞きます。

体育

石井 直方先生

サムネ 石井

天燈鬼・龍燈鬼の筋肉を科学する

運動生理学が専門の石井直方先生が、天燈鬼・龍燈鬼立像の筋肉について解説します。

運慶展公式サイトはこちら